ケータリングカレーの多様化

近年、ケータリングのカレーは多様化をしている。その理由として定義が変わりつつあることがあげられます。ケータリングをどう定義するのか。利用する人のお手元に届くまでをいうのか、利用する人のそばに行くまでをいうのか。近年は後者が増えてきたことで、業界事態が変化している。前者はいわゆる「デリバリー」である。注文してお店の人が配送をして消費者のお手元まで届けてくれる。電話やメール1つで届くので便利である。しかし、配送に時間がかかる分「温かいものを温かいうちに」ということが難しい。選ぶのも写真という選択肢しかなく注文する側のニーズを満たすことができなくなってきました。そこで登場したのが後者のタイプである。後者は注文する側のそばまで来てくれます。これによ短時間でお店に行き買い物をすることができるようになりました。カレーは保温さえできれば温かいメニューを提供することが可能です。種類も多く、実際に見て購入してもらうことができれば消費者のニーズを満たすことができるようになりました。近年ではこういった移動式のケータリング会社が増え、オフィス街などで店舗を開いています。新しい食の形として人気があり、様々な種類に増えています。

ケータリングでカレーを頼む訳

昔は食事の宅配といえば、うどん・そば・ラーメン屋さんや寿司屋さんのイメージがありましたが、最近は多種多様なジャンルがあります。カレーのケータリングを利用する利点は大きく分けて2点あります。一つは、一人ひとりが別々の種類の味を注文できること。家で作ると基本的に一つのものになります。トッピングを別に作るのもなかなか億劫でなかなかやりません。でも、ケータリングなら各自が好きなタイプのカレーを選べるので、それぞれが好きなトッピングで食べられるし、時には少しずつ分けて一度にたくさんの味を楽しむこともできます。二つ目として、辛さの調整ができることです。大人とこども、さらには大人の間でも好みの辛さは違います。自宅でも香辛料などをかけて調整して食べたりしますが、ケータリングならば、それぞれ希望の辛さのカレーを注文できます。また、注文のたびに辛さを変えて食べることも可能です。このように、たくさんのメニューの中から個々のニーズに合ったものを食べることができ、またいろいろな種類がテーブルに集まると楽しい気分も味わえます。家でも作れるメニューではありますが、たまには電話やネットで注文して楽しんでみるのもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*